マタニティ筋トレ・脚痩せエクササイズの方法

妊娠中は、どうしても太ることが多いとされています。
それは、運動不足と過食などによるものです。
太りすぎることにによって、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなってしまいます。
ですから注意する必要がありますが、必要以上に通常のようなダイエットは逆に赤ちゃんのために良くありません。
さらに、妊娠中はとてもむくみやすくなってしまいます。
足がパンパンにむくんでしまったり、ゆうがたにさらにむくみを感じるという人も多いようです。
妊娠中の脚痩せは、さらに注意が必要となってきます。
妊娠中の脚痩せで注意することは、赤ちゃんが第一で安全が第一だということを忘れないことです。
脚痩せで足の筋肉が落ちることによって、転倒のリスクも高くなってしまいます。
マタニティ筋トレでは、安全にふくらはぎを鍛えることができます。
まず壁やテーブルなど安定感のある椅子などに両手でつかまり、支えにしながら姿勢よく立ちます。
大きく息を吸って、吸った息をゆっくりと吐きます。
この時にはつま先立ちをしたままで、吐き切るまでキープしましょう。
次にゆっくりと息を吸いながら、つま先をもとに戻すようにします。
この一連の動作を、ゆっくりと意識しながら30回行います。
この運動をすることによって、むくみ防止た転倒防止へとつながります。
水中ウォーキングも、おすすめです。
プールに入りながら歩くのですが、水中では体への負担が少なくて済みます。
鍛えたいところをしっかりと鍛えることができるので、マタニティエクササイズとしても人気のプログラムなのです。
基本的には温水プールで行いますが、肩まで水に浸かるなど水の温度に慣れてからスタートするようにしましょう。
浮力に任せてつま先立ちでツンツンと歩きがちですが、プールの中では踵からプールの底に着地するようにします。
普通の歩く程度の歩幅を確保し、慣れてきたら大きめにしていくようにしましょう。
そうすることで、いつもとは違った筋肉を使うことができるのです。
20分程度がベストですが、途中で休養しても大丈夫です。
おなかの張りや痛みを感じるようなことがあれば、すぐにプールから出て休憩しましょう。
プールに入る前にコップ1杯程度の水を飲み、終わってからも1杯程度は飲むという水分補給も大切です。
続きはこちら⇒豊中のホットヨガスタジオ