マタニティ筋トレを推奨する日本マタニティフィトネスの歴史とは

1981年より妊婦の運動の重要性を広く伝えるため、妊婦のための運動プログラムの研究がスタートされました。
これは、日本マタニティフィトネスは産婦人科の医師と運動指導の専門家によるものです。
妊娠中の食事の重要性は、スタート時mには広く認知されていました。
ですが、妊娠中の運動に関してはあまり認知されていませんでした。
それどころか、健康な妊婦ですら運動するよりも安静にするようにとされていました。
しかし世界では、妊婦の運動不足こそ母子の健康に悪影響があるとされていたのです。
その結果、積極性に欠けた受け身体質を持った子どもをつくる原因とも言われるようになりました。
結婚の適齢期も、最近ではとても遅い傾向にあります。
妊娠した時点では、すでに高齢出産になっている状態です。
高齢出産の場合には、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクも高くなっています。
妊娠中に活動的な生活を送ることは、こういった病気の発生を防ぐためにもとても大切なことなのです。
マタニティフィトネスは、産婦人科のエビデンスと30年の実績を持っています。
そのために、多くのママたちにマタニティフィトネスというかたちでサポートしているのです。
厳格な試験に合格した指導者は、独自のプログラムをしっかりと学んでいます。
そういった指導者が、登録施設で多くのママたちの運動プログラムを行っています。
全国にそういった施設が多く広がっています。
妊娠中に大切なことは、食生活の休養だけではなく運動もとても大切なのです。
日本マタニティフィトネスは、日本でのマタニティフィトネスの普及に大きく貢献しています。
「マタニティビクス」と呼ばれる、妊婦さんが楽しく安全に効果的に行えるエクササイズがあります。
ほかにも、お腹の中の赤ちゃんに酸素をたっぷり送りながら無理なくゆったりと行うことができるリラックス効果の高い「マタニティヨガ」。
「マタニティアクア」は、水中で体に負担なく効果的にエクササイズが行えます。
楽しくマタニティーベリーダンスやマタニティーフラダによって、楽しくリラックスをしながら行える「マタニティフィトネスバリエーション」などもあります。
徹底した安全管理の中で行っているので、とても安心です。
こちらもおすすめ>>>>>阿佐ヶ谷のヨガスタジオ